2ウィークファインの通販サイト比較関連情報

2ウィークファイン購入サイト紹介コンタクトレンズは正しく使おう!おすすめコンタクトは?

最終更新日:2017/12/21

コンタクトレンズは正しく使おう!おすすめコンタクトは?

おすすめコンタクトレンズとは?

視力をカバーするには、メガネかコンタクトレンズのどちらかを使います。レーシックという方法もありますが、費用の面では気軽にできるものではないため、メガネとコンタクトのどちらかを選ぶのが一般的です。どちらも高度管理医療機器ですから、購入する前に眼科に行き、視力検査を受けます。特にコンタクトは目に直接装着して使うので、眼圧など眼球の状態も確認しておく必要があります。

どちらが使いやすいかは、人による違いもありますが、メガネは曇ったり、サイズが合わないと締め付けるので頭痛の原因になったりします。その点コンタクトなら、直接目に装着するので、曇ることも頭痛の原因になることもありません。またコンタクトも正しい使い方があるので、正しく使うことが大切です。ただしコンタクトには、メリットもあればデメリットもあります。全てを把握した上で使用するようにしてください。

コンタクトレンズといっても、種類がいろいろあります。視力に合わせて選ぶのはメガネと同じですが、直接目に装着して使うので、眼球のカーブに合っているかどうかも重要です。眼球のカーブや眼圧については、眼科で目の検査をすれば調べてもらえます。検査を受けると処方箋をもらえるので、それを持って行って購入するようにしましょう。一度眼科で検査を受け、処方箋に基づき選んだコンタクトがあって、それが目に合っているなら2回目からは処方箋なしでも購入できます。

最近はネットでもコンタクトを買えるようになっていますので、自分の目に合った種類を把握しているなら、ネットでの購入は価格もお得ですし、まとめ買いもできて大変便利です。これからコンタクトを使用する人のために、コンタクトを選ぶ時のポイントや、おすすめ商品を紹介します。

おすすめコンタクトレンズ・1day

コンタクトレンズの中でも初心者にも使いやすい商品に1dayタイプがあります。1個につき1日しか使用できませんが、使い捨てにすることで、面倒なレンズのケアが不要となります。毎回新しい物を使うから衛生面でも安心です。ただしレンズを装着する時は、手をよく洗い清潔にしてから触りましょう。コンタクトが新しくても、それを扱う手に雑菌がついていると、目に雑菌が入り込んでしまい、目のトラブルや病気のリスクを高めます。

レンズの種類はハードとソフトがありますが、1dayはソフトレンズです。ハードに比べるとレンズ自体は大きいですが、柔らかく目にフィットしやすいためコンタクト初心者にも使いやすくなっています。1dayといっても種類があって、レンズの素材によって使い心地が変わります。おすすめは酸素透過性と酸素透過率に優れたレンズです。コンタクトはほとんどの人が1日中装着していますので、長時間になるほど目が乾きやすくなります。

コンタクトを正しく使用していても、ドライアイになってしまう人はいます。どうしても目にピッタリ密着させるので、乾きやすいのです。こういう場合も、酸素を通す素材なら目に密着させていても、空気や涙が遮断されることがないから、ドライアイを予防できます。それでも乾く人は、コンタクトをしたままできる点眼薬を使いましょう。

目は酸素を必要としています。酸素が不足すると角膜を傷つけてしまいます。特に、角膜内皮細胞はとてもデリケートで、一度細胞が傷つくと再生できなくなってしまいます。1dayは便利ですが、必ず酸素透過率と酸素透過性に優れた物を選びましょう。

目に優しいおすすめコンタクトレンズ

コンタクトレンズはメガネに比べて、使いやすいところがメリットです。1dayタイプは使い捨てできるため、面倒なケアをしなくていいですし、自分に合った種類がわかっているなら通販でも購入できます。まとめ買いをすると割安になるから、通販でまとめ買いをするのもおすすめです。

ただしコンタクトにはひとつだけデメリットがあります。それは使う時間が長いほど、ドライアイになりやすいことです。もちろん多少の個人差はありますし、目に優しいレンズなども続々と登場していますので、そういう物を選べばリスクは軽減できます。しかし既にドライアイになってしまった人は、コンタクトをするのがつらいと感じることがあります。こういう場合におすすめなのが、ドライアイを考慮したコンタクトです。

ドライアイを予防するために、涙の成分と同じ点眼薬を使うこともできますし、酸素を通すレンズを選ぶなどもできます。それでもドライアイは簡単に治りませんから、コンタクトを必要としている人にとっては、つらく感じることが多々あります。しかし今は技術が進歩していますから、ドライアイも考慮されたコンタクトが登場しています。

コスパを考えるなら、2weekタイプを利用するのもおすすめです。今は2weekタイプにも目に優しいレンズを採用したものが多くなっています。2週間使うので、その間のお手入れは必要ですが、コスパは1dayよりもよくなります。メーカーによりレンズの特徴も違うので、使い比べて決めるのもいいかもしれません。

一覧はこちら

2ウィークファインの通販サイト比較ランキング

TOP